業務内容
Contents
ホーム > 業務内容 > 車体設計業務

車体設計業務

事業領域

四輪車両開発に伴うボディー部品及び内外装部品の開発業務を行っており、開発のスタートである商品コンセプト段階から量産に至るまで、一貫した開発体制で業務を行っています。

 

実績

スズキエンジニアリングではスズキの開発部門と一体となって、スズキ車の開発を進めています。

スイフトスポーツ フロントバンパー、フロントグリル、バックドア
XBEE バックドア
スペーシア バックドア、インパネ
ワゴンR フロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー、バックドア、インパネ
アルト フロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー
ソリオ インパネ
イグニス バックドア、インパネ
エスクード フロントバンパー、フロントグリル、リヤバンパー、バックドア

 

業務内容

スズキのデザイン部門および商品企画部門から提示される意匠情報・仕様・性能目標・品質目標を基に、ボディー・内外装部品の設計業務を推進します。

 

バンパー・グリル・エアロパーツ

バンパー・グリル・エアロパーツは歩行者保護性能・エンジ ン冷却性能 ・車体空力性能に直接影響する部位であるため、デザイン意匠性を重視する中で性能目標を達成するバランスのとれた設計を行っています。

バックドア

バックドアは商品性・快適性・安全性を求められる部位であり、パネル・フレーム部品とドアロック・ハンドル等の機構部品について最適な設計を行っています。

インパネ・コンソール・トリム

 

インストルメントパネルを中心とした内装部品は車両の商品性・操作性・快適性に大きく影響し、衝突安全性能にも直接係わる部品であるため、デザイン意匠を含めて性能・品質を満足する設計を行っています。

ハーネス設計

電子化が進む自動車において、車内に張り巡らされ、電力や信号で様々な部品を繋ぐ役割を持つハーネス。人間で言う血管や神経に例えられるシステムで、このようなハーネスシステムのレイアウトや回路の設計を行っています。